相手と連絡先を交換

警察の現場検証が終わる段階ではお互いの住所や連絡先を交換します。これは今後連絡をして何か話をするために行うのではなく、単に連絡先を教え合うというものです。通常交通事故が起きた後は相手と会ったりすることは一般的にはないものです。またお互いの任意保険の会社にとって当事者同士が話し合いをする機会を設けたりすることは避けてほしいと思うため、事故後に連絡を行うことは避けなければなりません。

また事故に遭った際に、できるだけ早く任意保険の会社の方に事故の連絡をしなければなりません。事故に関する手続きを保険会社の方が行ってくれますから、早く対応できるように連絡もできる限り早く行わなければなりません。またレアなケースですが、保険会社に連絡をしないでほしいと相手から言われることがありますが、連絡をしなかったことで通院費の支払いを自腹で行わなければならないことにもなりかねないので、必ず交通事故に遭った際には保険会社に連絡をするようにしてください。

また、保険会社との交通事故示談についての交渉は弁護士などの専門家に相談をするのもいいでしょう。示談交渉はやり直しがきかないため、自分にとって有利になるには専門家の知識が必要です。

車の衝突などによって自分の車が動かないといったケースの場合、保険会社にレッカーの無料移動のサービスがあれば保険会社にその旨を伝えるようにしてください。いつもお世話になっている修理の工場などがあればそこに連絡をしてください。車が動く場合には現場検証後に急いで車を移動させるようにしてください。

警察に連絡をする

お互いにけががなければ警察に連絡をします。この時に事故の場所をきちんと説明しなくてはなりません。警察が現場に向かうために場所を伝えますが、交通事故が起きた場所の住所がわからなければ周辺にあるお店などを伝えて事故の場所の周辺がわかるようにすることが大切です。この連絡の際には特に詳しい事故の説明は行いません。警察に早めに連絡をすることが何よりも大切です。

警察が到着したらお互いの説明を警察側で聞きます。また現場検証を行い、事故が起きる前後の様子を確認していきます。車の進行方向や信号機の有無といったところも確認をしていきます。交通事故に遭うと最も緊張するのが警察への説明です。緊張したり動揺したりして冷静さを失ってしまいますが、できるだけ落ち着いて行動をしなければなりません

警察への説明の際に注意しなければならないのが、自分の主張です。間違ったことを言うのは避けなければなりません。自分の主張によっては過失割合が変動したりしてしまいますから、冷静に事故の状況などを説明するようにしてください。冷静に落ち着いて言えばきっときちんと説明はできるものです。慌てたり冷静さを失うほど主張がおかしくなったり、間違った説明をしてしまうようになります。警察は特にその際に指導を行ったりすることはありません。単に事故の状況を聞くだけですから、安心して説明をするようにしてください。手際よく現場検証を行えば時間もかかりませんから、落ち着いて行動をすることをとにかく心がけて下さい。