相手と連絡先を交換

警察の現場検証が終わる段階ではお互いの住所や連絡先を交換します。これは今後連絡をして何か話をするために行うのではなく、単に連絡先を教え合うというものです。通常交通事故が起きた後は相手と会ったりすることは一般的にはないものです。またお互いの任意保険の会社にとって当事者同士が話し合いをする機会を設けたりすることは避けてほしいと思うため、事故後に連絡を行うことは避けなければなりません。

また事故に遭った際に、できるだけ早く任意保険の会社の方に事故の連絡をしなければなりません。事故に関する手続きを保険会社の方が行ってくれますから、早く対応できるように連絡もできる限り早く行わなければなりません。またレアなケースですが、保険会社に連絡をしないでほしいと相手から言われることがありますが、連絡をしなかったことで通院費の支払いを自腹で行わなければならないことにもなりかねないので、必ず交通事故に遭った際には保険会社に連絡をするようにしてください。

また、保険会社との交通事故示談についての交渉は弁護士などの専門家に相談をするのもいいでしょう。示談交渉はやり直しがきかないため、自分にとって有利になるには専門家の知識が必要です。

車の衝突などによって自分の車が動かないといったケースの場合、保険会社にレッカーの無料移動のサービスがあれば保険会社にその旨を伝えるようにしてください。いつもお世話になっている修理の工場などがあればそこに連絡をしてください。車が動く場合には現場検証後に急いで車を移動させるようにしてください。