けがの確認をする

交通事故に遭ったらケースに寄りますが、どちらからけがをすることがあります。車に乗っている者同士であってもけがをする可能性が大きいものです。歩行者を車が撥ねた場合はなおさらですし、一層大きなけがをする可能性も高くなります。事故に遭うと相手のけがの状態には目が行くものですが、自分のけがの心配はあまりしない方が多いことでしょう。自分よりもまず相手、また警察に急いで電話をしないといけないと思うのは当然かもしれません。しかしながら相手もそうですが、自分のけがもきちんと確認しなければなりません。大丈夫だろうと思ってそのまま放置してその後体調が急変したというケースも多いものです。人間の体は思った以上にデリケートなので、少しでも異変があればけがの心配をすることを最優先にしてください。

事故に遭ってけがをしていたり、体調が悪い場合にはまず救急車を呼ばなければなりません。一刻を争うような事故の場合には早急に行うことが大切です。また事故の当事者の両方が携帯電話などを持っていない場合には周辺の方やお店にお願いをして救急車を呼んでもらうようにしましょう。

お互いにけががなければ警察に連絡をしてください。車の衝突による事故の場合には駐車ができる場所に移動をさせて下さい。他の車の進行の妨げにならないように、車を安全な場所に移動させることが大切です。